FC2ブログ
ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編。
番外編になります。
おそらくいつもより出来が粗いですが、寛大な気分で読んでいただけると幸いです。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

レギュラー女性陣という解釈でいいでしょうか?
妻がいるパターンはちょいネタバレ絡むので黙秘させていただきます。
事故後ですと、姉妹揃っての転移に限り雫、次点で刹那です。
他のキャラは未練が多すぎるので、順応以前に全力で元の世界に戻ろうとするでしょう。

シリューさん

御指摘ありがとうございます。
該当箇所を修正しておきました。



次話ですが、おそらく次回更新できると思います。
やはりかなり長くなりそうですが、筆はのってるので。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。




続きを読む
最新話微修正+番外編セット。
最新話の微修正と番外編セットになります。
本当は最新話に一場面追加する予定だったのですが、それに伴う修正がモグラ叩き状態になったので取りやめました。
気付いた誤字修正と一応多少の加筆もしていますが、読み直していただく必要はないと思います。

では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

はい、理性さえ保てれば能力使用時の雫は凄まじいです。
身体能力ブーストもですが、再生能力がトチ狂ってますので。

特効武器……種族特効はほぼない、ですね。属性武器の類は一応存在しますが。



次話ですが、ひょっとすると最新話より文章量がかなり多くなるかもしれません。
ラストの展開2パターン考えてるんですが、片方がかなり長くなってしまうので。
とりあえず月曜は休みなので、気合い入れて書き進めたいと思います。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。

番外編セット36



 番外編176

 

 戦場において、予想外はつきものだ。

 頑強な鎧に身を固めた戦士が、たまたま飛んできた剣に隙間を貫かれて死す。
 数多の敵を鎧ごと断ち切ってきた剛剣が盾で防がれた時に折れ、そのまま使い手の首に刺さる。
 最前線で何千もの敵兵を討ち取ってきた将軍が、戦闘中偶然近くを通ったプチドラゴンに食い殺される。
 
 とかく戦場というのは理不尽な環境であり、長年そこに身を置く者は何が起きてもいちいち驚かない事が多い。
 そうして驚いている間に自分の命が消し飛ぶ確率が跳ね上がる事を、彼らは良く知っているのだ。

 とはいえ、それにも限度というものがある。

「なんだ、なんだ、なんなのだあれはぁぁぁぁぁっ!!」

 視界の果てで繰り広げられる地獄絵図に、ロゲルバン王国将軍グレッグ・ゴライオンが悲鳴を上げる。

 そこでは、一人の少女によって命が枯れた落ち葉の如く砕け散っていた。

 腕の一振りで、新米兵士の頭が弾け飛ぶ。
 足の一振りで、熟練兵士の胴体が鎧ごと引きちぎられる。
 動きが緩やかになったかと思えば、今度は敵の頭を掴み木の実の如くもぎりとる。
 そうしてちぎり取ったそれを、あまりの早業に肉体強化がまだ切れていないそれを投擲し、その軌道上の命を吹き飛ばす。
 
 単純な実力自体も脅威だが、何よりも視覚効果が凄まじい。
 まるで羽虫を払うかのような動きで人命を狩る様は、恐怖をこれでもかと煽る。

 まして、それを行っているのは見た目だけは年若い可憐な少女。
 しかも手甲や脚甲すらない完全なる素手であり、服装は完全な普段着。
 とても人間とは思えず、気まぐれにやってきた悪魔の化身としか思えない。

 遠目で見ているグレッグでさえ背筋が凍る光景。 
 間近でそれを目にすれば、もはや戦意など残るはずもない。

 グレッグが率いる軍勢は徐々に及び腰になり始めていた。

 少女が一歩進めば、軍勢は三歩下がる。
 少女が手刀を構えれば、軍勢は例外なく防御態勢を取る。
 
続きを読む
番外編のみ。
最新話の修正が間に合わなかったので、番外編のみになります。
一応、珍しくないネタになります。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

実際仕方なく、シリルもそれは自覚してます。
ただ、見た目だけで侮る短慮はエアウォリアーズだと死亡率跳ね上がりますので。
その判断がミスってた場合のリスクを叩き込んであげてるのです。
決してなめられてムカついたからボコったわけではないのです、多分。

女子トーク……シリルあたりが暴走大爆発しそうで面白そうですが、考えてみます。

シリューさん

御指摘ありがとうございます。
該当箇所を修正させていただきました。
作者がよくやる見落としなので、他にもあるかもしれません(汗)


次話、執筆自体は順調ですが、次の土曜が確実に潰れるので遅れそうです。
最新話修正は修正中に矛盾が生じてしまったのでその調整中ですが、多分次回には終わると思います。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む
番外編。
というわけで番外編です。
それほど珍しくないネタになります。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

今回は雫の機転により自滅しただけなので被害が少ないです(笑)
人に出す前に味見、それだけでも守ってくれれば、現実のメシマズは減るんじゃないかと思ってます。

ラーメンの替え玉や固さですか……スープの話絡めても楽しそうですね。ちょい考えてみます。

 さん

概ねその通りです。
現条件下では、どうしても騎士団長の指揮能力の方が高くなります。

シリューさん

御指摘ありがとうございます。
仰る通り、作者のミスです。
該当箇所を修正させていただきました。


次話、かなり話が長くなりそうです。
色々と書きたい場面と書かなきゃならない場面が多いので。
最新話の修正は、早ければ次回終わると思います。
大きな変更ではないので、読み直していただく必要まではないと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード