FC2ブログ
ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編。
というわけで番外編です。
完全思い付きの、珍しくないネタになります。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

実は他にも大きな差異として、シャロン狂化が発生してなかったりします。
本編ほど戦闘力伸びなかった代わりに、海人への信頼度と海人からの信頼度がかなり高くなってます。
そのうち他の誰かが拾ったパターンはやるかもしれません。

洗脳後の彼らですか……それ自体は確か一度やったはずですが、洗脳された連中同士の飲み会とか面白いかもしれませんね。

ディスさん

あの海人は本編よりシェリスに甘いです。
なので最初にパッドが入った段階で気付いてはいたけど、口に出さない優しさがあったのです。
その結果があれなわけですが。

シャロンの泣き声については、作者のミスです。
そういう教育自体は受けてますが、取り繕う余裕なくなってます。
セット作る時には修正しようと思います。

シャオさん

あれだとシェリスも一つ屋根の下で海人と暮らしてますから、本編以上に海人に甘えてます。
海人自身本編以上にシェリスに甘くなっているのも大きいですが。

対価が現金ばかりなのは、現状はなんだかんだで使い勝手が良いからという事で。
逃亡時を想定すると、現金持ってる方が逃げやすいですし。

 さん

シェリスに拾われていると、おそらく割とすんなり話が進みます。
もう少し積極的にシェリスに貢献しようとするはずなので。
最大の状況の違いとしては、ルミナスとシリルが知人以上友人未満ですね。
代わりにメイド達との交流がかなり深まっています。

 さん

そう言っていただけるとありがたいです。
別キャラで同系の話をやる可能性はありますので、気長にお待ちいただけると幸いです。



次話の執筆自体は割と順調に進んでますが、やはり時間かかりそうです。
今度の土日に予定が入ってしまい、執筆時間の確保が怪しいので。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。



続きを読む
番外編。
というわけで番外編です。
もし主人公がシャロンに拾われていたら、のネタになります。
なお、このネタは今回がラストになると思われます。これ以上はいろいろ厳しくなりそうなので。
別パターンはあるかもしれませんが。

そして御指摘いただいて気付きましたが、本編更新時になぜか番外編もあるという記述がありましたので、削りました。
混乱させてしまった方々、申し訳ありませんでした。

では、コメント返しさせていただきます。


 さん

御指摘ありがとうございました。
どうも睡眠不足で頭がパーになってたようです。

コスモさん

シリルからすると、賭けなら自分の命だけでやってくれ、ですね。
副団長の分析があるので、聞き入れられる可能性はあまりに低いですが。
ちなみに団長はただ愚痴っただけです。

味付けでの喧嘩……さてどれでやったものか、ですね。
書いてて楽しそうではあるんですが、ちょっと悩みどころです。

飛べないブタさん

割とこういう事が頻繁にあるので、シリルの胃は鍛えられています。
ただし、誰かさんは無自覚にその耐久限界を突破しようとしてきます。



次話ですが、無駄に長くなりそうな予感がします(汗)
場面切り替えが多く、まとめたりも難しそうなので。
筆はのってるんですが、毎度のように調整に手間取りそうです。
前話修正がまた後回しになりそうですが、どうにか頑張りたいと思います。

では、今回も数多くの方のが来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む
番外編。
というわけで、思いつきの番外編になります。
一応、珍しくはないネタかと思われます。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


 さん

温かいお言葉ありがとうございます。
今回は色々と読み違いが続いてしまい、本当に申し訳ありませんでした。

シャオさん

実はいわゆる豚貴族は、これまでで結構間引きされてたりします。
無論全てではないのですが。

ちょっとギクッ、としましたが、そこはとりあえず秘密という事でお願いします。

コスモさん

今回に関してはある意味しょうがないです。
上手だった、というには偶然要素強いですし。

唐栗人形、操り人形……面白そうですが、調べる必要ありそうですね。
書くには知識が足りないので。

 さん

一応、作者はルミナスも好きです。
彼女が主体の話も先の方に用意してあります。
出番ないとか扱いが不遇とか本当に耳が痛いんですが(汗)

 さん

楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います。

 さん

御意見ありがとうございます。
仰る通りパンか迷路片方で良かった気はするんですが、上手くまとまらなかったもので。
精進したいと思います。

 さん

温かいお言葉ありがとうございます。
そう仰っていただけると、とても励みになります。

星見さん

仰る通り、今章のメインは海人のそれです。
これまでやれなかったネタがやれるようになる、という点ではある意味作者が一番待ちかねてたかもしれません。
海人との関係は強いのに微妙に影が薄いあの方関連とか(汗)

更新速度は……努力、させていただきます!

飛べないブタさん

海人、気に入っていただけているようで何よりです。
間違いなく非情で外道でもある男ですが、根本がああなのです。

不正投稿になってしまうのは、ちょっと原因分からないですね。
申し訳ありません。



次話ですが、展開の都合上場面が多くなりそうです。
それと前話の修正は、もう少し時間かかりそうです。
最新話仕上げるのに全力注いだせいか、考えてた内容が結構消えてしまったので。
とりあえず、少しずつでも着実に書き進めていきたいと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。





続きを読む
遅れに遅れましたが、百十七話更新です。
とことん遅くなりましたが、どうにか117話更新です。
一応読み直しはしましたが、あとで修正する可能性があります。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

番外編の女性研究者は思い付きなので、特に意味なかったりします。

ネギマは知ってますが、ネギサは初耳でした(汗)
○○視点による、だと結構限られるんですよね。
海人が引きこもり状態ですから。

なまえさん

各章に登場人物紹介ですか……ちょっと厳しそうです。
相当簡易化しないとネタバレしかねないので。

 さん

肩透かしさせてしまい、大変申し訳ありませんでした。

 さん

誠に申し訳ありませんでした。
あの時点では出来が、暫定版と呼ぶのすら躊躇われるレベルだったので。

 さん

温かいお言葉ありがとうございます。
遅筆ではありますが、書き続けていきたいと思います。

シャオさん

番外編セット、またすっかり忘れてました(汗)
御指摘ありがとうございました。

いえ、執筆速度は後半絶不調でした。
書いても書いてもまともな出来にならなかったので。
消した量が尋常じゃなく多いので、そういう意味では過去最多かもしれません。

 さん

大変申し訳ありませんでした。
遅れに遅れてはいますが、一応本編更新いたしました。


次話ですが、一応流れ自体は決まってます。
毎回そこからが長いので、あまり意味はありませんが。
今回ほど遅れる事はないよう、頑張りたいと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。

白衣の英雄117
 旅行最終日前日の朝。
 海人達はゆったりと散策を楽しんでいた。

 レザリアの観光案内は彼女が吟味を尽くしたとっておきのルート。
 海人希望の工房やアトリエの見学もたっぷりと取り入れ、余裕も残した珠玉の予定。
 そして実際に海人達も一切の不満なく楽しんでいた。

 が、どれほど楽しかろうが予定通りの行動だけというのは少し面白みに欠ける。 
 ちょっと気になった店を覗いたり、何もせずその場の空気を楽しんだり。
 観光とは、そういった多少の予定外があった方が楽しい。 

 なので、レザリアは最後に王都そのものをのんびり丸一日楽しんでもらう日を設けていた。

 無論何もしないわけではなく、あくまでも海人達の自由意志で好きな所に行ってもらうだけ。
 場所について説明を求められれば答えるし、一休みする時にはお勧めの店を提案したりもする。
 そして夜には本日唯一の予定として、レザリアが王都一と確信する料理店を予約済みだ。
 
 程良い解放感が得られ、締めくくりの一日としては良いはず。
 レザリアはそう判断して今日の日程を決めていた。

「となると、あの店は子供には人気なのか」

「ええ。あの色々な造形が子供には人気みたいです。
正直、味考えると値段高いと思うんですけどねぇ……」

 先程買ったパンを食べながら、レザリアは海人の問いに答える。

 このパン、味はさして美味くない。
 一応それなりに美味いが、この王都には他に美味い店がいくらもある。
 値段と味のバランスだけを考えれば、この店は選択肢に入らない。

続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード