FC2ブログ
ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編+最新話誤字修正等。
というわけで、番外編と最新話の誤字等の修正になります。
番外編の方は、思い付きの珍しくもないネタです。
修正の方は主に御指摘いただいた誤字等の修正と数文字程度の加筆です。
なお、ベルガモール王国は都合が良すぎる、というくだりはシュッツブルグにとって都合が良すぎるという意味です。
この箇所については、誤字ではないと思います。
ただ、分かりづらいようなので、この箇所は暇を見てちょっと修正を考えようかと思います。


では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

実はそうでもなかったりします。
シェリス側には過酷な勤務実態、怖すぎる上司、業務上の秘匿事項多すぎなどの強烈なマイナス面もありますので。
ついでに、刹那や雫の欲は海人が費用なしで大体満たせてしまうという問題も。

トレントやアルラウネ……います。そしてネタバレ絡むので、詳細は黙秘させてください。

 さん

掃除練習については口にできない内容の一つです。
無惨に破壊された部屋を即日修理なんてネタ、シェリスが再び暴走しかねませんので。
そして海人的にはちょっと手間がかかる程度なので、刹那雇用の利益は凄い事になってます。
創造魔法がなければ、流石の海人も専用の安物を揃えた部屋に変更するとかしてたでしょうが。



さて、次話ですが、今週少々キャラと作者が暴走しておりました。
ノリで書いて後で我に返って書き直し、というアホな作業にかなり時間奪われました。
とはいえ流石に落ち着いてきたので、休み使って一気に書き進めたいと思います。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。





続きを読む
番外編
というわけで、番外編です。
さして珍しくはないネタだと思います。
思い付きなので矛盾などあるかもしれませんが、寛大な気持ちで読んでいただけると幸いです。
あと、最新話の誤字等の御指摘いただいたんですが、そちらの修正はちょっと時間がないので次回に回させていただきます。

では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

あとはクサヤなんかもネタ的に面白いかもしれませんね。
キャラ違いだと、割と賑やかになるかもしれません。

寄生虫ネタ……実は一応設定的には存在します。
いずれ本編で使う、かもしれません。


次話ですが、比較的順調ではあります。
暴走しそうなキャラが複数いるので先行きは不安ですが(汗)
何とか調整しつつ頑張って書き進めたいと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む
番外編。
というわけで、番外編です。
割と定番なネタになります。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

うーん……言われてみると、情報の出し方しくじったかもしれませんね。
とりあえずあの世界の古代遺跡の発見は運がかなり大きい、とだけ。
多分、今章のどこかでそのあたりの説明少し入れると思います。

野菜系スイーツ……食べた事があまりないので、今度食べたら書くかもしれません。興味はあるので。

リゼルグさん

シェリスは約束は原則守りますし、相手が海人ですからね。
今回は事が事ですし、さっさと謝罪行く為に父親締め落とすぐらいは迷いません。

 さん

ネタバレも絡むので大雑把に言いますと、民ではなく、王族の為に戦う騎士が嫌いってとこです。
とはいえ、相手からすれば傭兵が何ほざくって話ですが。



とりあえず、次話書き始めました。
最新話まだ引っかかるところあるんですが、上手い直し方が思いつかないので。
人数増えて調整難航しそうですが、頑張って書き進めたいと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。



続きを読む
大変遅くなりましたが、どうにか本編更新です。
遅れに遅れましたが、本編更新いたしました。
この時間になった理由は、単になかなか仕上がらなかった為です。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

仰る通り、エミリアさんめっちゃ苦労してます。
昔の海人相手に距離詰めるのは、そもそも命懸けなので。

季節の変わり目……いかん、作者が馬鹿のくせに風邪ひきやすいことぐらいしか思いつきません(汗)

舜舜さん

御指摘ありがとうございました。
番外編セット36を目次に反映いたしました。
ちゃんとチェックしないとだめですね……。

 さん

耳が痛いかぎりです。申し訳ありません。



とりあえず、寝て起きて再チェックした後で次話書き始めようと思います。
やはり徹夜明けの脳味噌での執筆は不安が残るので。 

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。


白衣の英雄120
 エルガルド王城。
 建国以来一切変わらない、外壁の白が印象的な城。
 見るからに堅固そうな城でありながら無骨さはなくあるのは、威風堂々たる風格のみ。
 城という建造物の本来の役割である防衛機能に特化し、その隙の無さゆえの機能美と言われている。

 実績としても、エルガルド王国数百年の歴史において不落。
 未だかつて大軍が王都まで届いた事はなく、少数精鋭の部隊が届いた時は見事に撃退。
 まさにエルガルド王国栄光の歴史を象徴する、偉大なる城。
 
 ――――昨日までは、そうであった。

「あーもう……さっさと道開けなさいってば。
滅んだって国民の生活大して変わらないんなら、意地張る必要ないでしょうが。
無駄死にしたかないでしょ?」

 溜息を吐きながら、ルミナス・アークライトが立ちはだかる近衛騎士達を諭す。

 エルガルド王都は、既に隣国ベルガモール王国の軍に包囲されている。
 それに加えて、王城もベルガモールに雇われた傭兵団が侵入しているのだ。
 正門をぶち破ってきたのはルミナス達エアウォリアーズだけだが、
城の外壁からは他の傭兵団が突入しており、陥落は時間の問題。
 
 この場で近衛騎士達がどう足掻こうが、エルガルドの滅亡は動かない。

 そして、ベルガモール王国は公式にエルガルド王国民の生活保障を約束している。
 ただの口約束ではなく、周辺国家に向けてもその旨を文書で知らせているので、まず破られる事はない。
 ならば、ここで足掻いて死んだところで、無駄死ににしかならないはずだった。

 が、近衛騎士達の先頭に立っていた男は、ルミナスの言葉に怒声を返した。

「無駄なものか! 国王陛下達さえ御健在であればいつの日かエルガルド再ぐああああっ!?」

「……そーいう考え、マジで嫌いなのよね。
奪われたもの取り返す戦いって言えば聞こえ良いけど、平和に暮らしてる国民まで巻き込まれるの分かんない?」 

 左腕があった場所を押さえる騎士に、ルミナスは冷たい視線を向ける。

 亡国の王族が雌伏の時を経て国の再興。
 その国の民が虐げられているならば、美談だろう。
 力不足ゆえに果たせなかった王族の責を、遅ればせながら全うしたとも言える。

 が、民がそれまでと何ら変わりない生活を送れているのであれば、途端に唾棄すべき醜態に早変わりだ。

 どれほど上手く立ち回ろうが、それだけの事を起こせば犠牲は不可避。
 仮によりよい生活を民に与えられたとしても、喪われた人命の代わりにはならない。
 犠牲になった者達からすれば、その元王族達は平和を奪った怨敵にしかならないだろう。
続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード