ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編。
というわけで番外編です。
ちょい短めの定番ネタ……ですね。
いつもより内容粗いかもしれません。

では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

コーヒー、多分本当に良い物は違うってはっきり分かります。
私が飲んだ事あるのは、これほんとにコーヒーか!? って本気で思いましたので。

海人ですが、知識の価値は一応知ってます。
だからこそ、開示をあの世界の技術水準を元にすぐ思いつける範囲にとどめ、
思いついた内容を劣化させるような小細工もしています。
詳しくは次回の予定ですが、加減ミスったのは一応理由あります。

ゼリー……コーヒーゼリーやろうかなとちょっと考えてはいるんですよね。

 さん

海人にとっては、誰でも解けるはずなのになぜか誰も解いてない数式を暇潰しに解いてみた、みたいな感覚です。
それでなぜか大金渡されそうになって困ってるってとこでしょうか。

 さん

海人とローラ、基本的に相性は良いのです。
能力的にも性格的にも。

ガリナオさん

実のところ、知識流出に寛容になってるわけではありません。
今回海人が教えたのは、あくまであの世界に現状存在する知識の改良案。
それも、明日にでも思いつく人間が出ておかしくない内容です。
革命的というのも、斬新というよりはその手があったか、みたいな感じですね。

シェリスに関しては……海人はいいかげん絞め殺されるかもしれませんね。
もっとも、ローラとか宝蔵院姉妹とか高すぎるハードルを越えられればですが。

ロボット三等兵さん

ローラの高すぎる能力の理由、とりあえずその一端は第十部で出ます。
第十部のメインがそれ絡みなので。



現在の状況ですが、
100話修正案は、読み直したら現状の方が流れがよさげなので微修正にとどめる事になりそうです。
101話修正は、一カ所場面加筆するべきか悩み中です。その方が自然になりそうなので。
次話は書き進んではいるものの、また後で修正・削除の嵐になりそうです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。




続きを読む
大変遅れましたが、百一話更新です。
寝落ちしたせいでこんな時間になりましたが、どうにか百一話更新です。
もっとも、最後に時間確認したのが四時少し前だったのでどのみちかなり遅れてたんですが。
いや、今日が休みでよかったです(汗)
なお、後でちょこちょこ修正入れるかもしれません。

では、コメント返しさせていただきます。


 さん

大変お待たせしました。
多分仕上がったの、28時前後ですが(汗)


今回あまり話進んでませんが、まだ仕込み中なのでご容赦を。
多分次話から少しずつ話が広がる形になります。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。





白衣の英雄101
 夕食後、刹那と雫は眼前の光景に思わず見入っていた。
 粛々と進められる、海人とローラのコーヒー試飲会に。

 事の始まりは、夕食直後。
 二人が海人からコーヒーは好きか尋ねられた事に始まる。
 
 この問いには、雫はおろか刹那でさえも若干顔を顰めた。
 
 それもそのはずで、二人は美味しいコーヒーという物を飲んだ事がなかったのだ。
 今まで飲んだコーヒーという物は、例外なく何が良いのかわからない苦い液体。
 砂糖とミルクをたっぷり入れれば飲めるレベルにはなるし、コーヒーの香りはアクセントにもなるが、
味としては素直に砂糖入りのホットミルクでも飲んだ方がマシ、そういう物だけだった。
 一定量流通しているのは、あの苦味だかえぐみだか判別のつかない独特の味を好む奇特な人間も世の中に多い、そうとしか思っていなかったのだ。
 
 なのであまり好きではないと伝えたところ、ローラがティーセットを引っ張り出し、二人に紅茶を淹れてくれた。
 同じ茶葉でも淹れ手の技量でどれほど変わるのか思い知らせてくれる、極上の一杯を。

 そして、二人揃って部屋の端の方へ寄ったかと思うと、何やら色々な機材を用意し、
コーヒーを淹れ始めたのだが、その光景が異様だった。

 一杯一杯ローラが丁寧に淹れているのだが、味見するごとに手元の紙にメモを取っている。
 豆の種類、水の産地、挽いた豆の粗さの程度、抽出時間、温度など事細かく記し、味の感想も二人の最初の意見を併記しつつ、それをすり合わせた最終的な結論を記しているのだ。
続きを読む
何もなし。
申し訳ないですが、何もなしです。
本編調整してて気づいたらこの時間だったもので。

急ぎ足ですが、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

波乱に満ちた、というより金銭がひたすら無に帰す旅路の方が適切かもしれません。
まあ、実力と性格ゆえにあの状況の割には二人とも暢気な旅路でもありましたが。

残念ながら、好みの問題で食べられない、というのはほぼないですね。
あるとすれば、嫌いではないけれど優先度の問題で忘れ去られた物ですかね。


次話ですが、現在最終調整中です。
大きな変更はまずないレベルまで進んでますが、ちょこちょこと細部弄ってます。
連休もあるので、次回は本編更新できると思います。
もっとも、100話の修正はその後にずれ込みそうですが。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。

番外編+誤字修正。
というわけで番外編です。
珍しくもない定番ネタになります。
誤字修正は御指摘いただいた60話の一カ所のみです。

では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

あの時期だと仰る通りですね。
本人全く自覚ないですが。

好物に関してはネタバレなので伏せさせていただきます。
嫌いな物は、特にないです。親の教育が良かったのでしょう。

ムクさん

ふーむ、仰る作品は読んだ事ないんですがちょっと気になりますね。
漫画家さん本人の御厚意でも無料で読むのはちょっと申し訳ない気がしてしまいますが(汗)

シェリスのあれは、評価が低いというより海人のデタラメ具合をまだ甘く見てたからです。
あの国で栽培可能という段階で数は少ないと考えますし、栽培法も普通ならそこまで詳細に知るはずがないですから。
それに、まだあの国で栽培成功したわけではありませんからね。
海人の知識が間違っている可能性もなくはないから、と考えていただけると。
まあ、それからも順調に負債は積み上がり続けてるわけですが(汗)

 さん

御意見ありがとうございます。

海人の恩恵については、実際周囲はかなり甘えてるでしょうね。
ただ、この場面は受けて当然というより、出しても海人的に問題ないのにすこんと忘れてる間抜けさにぴきっときてる感じです。
海人の知力面のレベルを知ってるだけに、なんでそこで失念する、といったとこでしょうか。

ルミナスの家に残された連絡先が海人の屋敷になってる事は本人承知済みです。
内容的に、エアウォリアーズの誰が来てもおかしくない事も。
ルミナスの部下達が来た時に海人がそれには反応していない事などから伝わるかと思ったんですが、甘かったですね。



次話ですが、案の定まとめるのに苦戦してます。
書いてて楽しい時ほど、読み直すと色々やらかしてる率が高いんですよねぇ。
とはいえ、多分次回かその次には本編更新できると思います。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。






続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード