ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編+最新話修正です。
番外編と最新話の修正です。
番外編は珍しい、というか初なネタです。
ほぼ思いつきなんで粗が多いと思いますが、寛大な心で読んでいただけると幸いです。
最新話の修正は、色々御指摘いただいて気付いた盛大にミスってた箇所を幾つか修正いたしました。

では、コメント返しさせていただきます。

コスモさん

力については当面秘密という事で。

なお、シリルは求められたら拒みます。
良くも悪くも彼にはそういう感情が一切ないので。
今後どうなるかまでは分かりませんが。

三姉妹のネタは多分本編にぶち込みます。

 さん

まさしく運命の出会いです。
かくして餌付けされた強者がまた一人……。

きぎたなさん

楽しんでいただけたならよかったです。
作者も食欲こらえながら書いた甲斐がありました(笑)

 さん

ありがとうございます。
退屈はよくないですね。今後はそうならないよう精進したいと思います。

k-harさん

ええ、実は一方通行なんです……何てことはなく、作者の大ポカです(汗)
御指摘本当にありがとうございます。該当箇所を修正しておきました。

なまけものさん

お久しぶりです。御指摘ありがとうございます。
該当箇所を修正しておきました。
没案の名残を直し忘れてたようです。助かりました。

メルヴィナの真実、驚いていただけたならよかったです。
これの為に彼女の心情描写は最小限にしてた為、気づかれてそうで冷や冷やしてたんですよ(汗)

シリルの槍ですが、正確には科学技術と魔法技術の融合品です。
制作にあたっては魔力も使用されていますので。
オカルトな槍なのは間違いありませんが。

名無しの権兵衛さん

御意見ありがとうございます。
砕けた感じで喋ってるつもりで書いたので、 このままです。
むしろ、どうせじゃなくてどーせでもよかったかも?

大団円を楽しんでいただけているならよかったです。
ワンパターンすぎないかな、というのも悩むところなので。

シャオさん

おそらく大雑把な顛末は本編でやると思います。
詳細なのは……変態集団は番外編で書くかもしれません。
ナーテア教の方は結構暗い上に長くなりそうなので、微妙です。


次話ですが、初っ端から収拾がつかなくなりつつあります(汗)
予定通りのはずが、約一名暴れまわってまして。
あと、最新話の修正&加筆を検討中です。
伏線張って回収し忘れたネタが一つあるのと、それに絡んでちょっと誤解を招きやすくなってる内容があるので。
どうぶち込むかが少々難しそうですが。

では、今回も数多くのご来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。





続きを読む
九十八話更新です。
大変お待たせしましたが、98話更新です。
ちょいちょい気になる箇所があるので、あとで修正する可能性があります。
おそらく、修正しても流れ自体は変わらないと思います。

なお、第九部はこれで終了になります。
第十部は第九部の影響で色々ドタバタする予定です。

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。


白衣の英雄98
 メルヴィナが目を開けると、辺りは真っ暗だった。

 夜、というわけではなさそうだ。
 この場には闇魔法の闇で覆われたかのように、一片の光もない。
 一応体は動くが動いている感覚がなく、まるでイメージトレーニングをしている時のようだ。
 
(……となると死に際の夢。あるいはここが既に地獄か、だな)

 その場に腰を下ろし、メルヴィナはなんとなく思索を始めた。

 思えば妹についてはいつも間違えてばかりだった、と。
 
 鍛錬を嫌がる妹を上手く説得できず、結局強引にやらせた。
 結果は大失敗。ますます鍛錬を嫌がり、本当に最低限しかしなくなった。
 それがなければ、あの天賦の才は今頃もっと大きく花開いていただろう。

 兄の亡骸に縋りつき泣き喚く妹を、抱きしめなかった。
 自分自身目の前の現実が信じられなかったとはいえ、許されない事だ。
 例え意味がなかったとしても、姉として妹を少しでも慰めなければならなかった。
 あの腐れた両親は、妹に追い打ちをかける事はあっても慰める事はないのだから。

 兄が貶められようとしている事を知った時、妹に知らせなかった。
 何日も引きこもり、食事にすら碌に手を付けないあの状態では、自殺しかねないと思ったからだ。
 鍛錬が嫌いなだけで、心は強い子だと知っていたはずなのに。

 妹が教会に乗り込んで来て兄を冒涜した者達を殺害した時、思わず槍を構えてしまった。
 兄を超える才による槍技と憤怒由来の凄絶な殺気にあてられたとはいえ、最悪だ。
 義が妹にあった事もだが、あの状況でも構えさえしなければ戸惑いで止まってくれた可能性はあった。
 あの時無抵抗で脇腹辺りを貫かせて出血を見せれば、話ぐらいは聞いてくれただろう。
 己が天賦を無意識に封じる程人を傷つける事を厭っていた、優しい子なのだから。

 ――――そうして間違え続けた末に、この結末。
続きを読む
番外編セットのみ。
申し訳ないですが、番外編セットの追加のみです。
本編執筆してて気づいたらこの時間だったもので。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

刹那でも結果は同じです。
幾つか強力な手札使えば話は別ですが、素では雲泥の差があります。

ローラが苦手な物……あったとしても海人以外は誰も気づかないかもですね。
なお、食べ物に関しては苦手な物は存在しません。

最高にアホさん

仰る通り、番外編セットは過去の番外編を古い方から順にまとめた物です。
作者がアホなせいで順番が前後してたりする箇所はあるかもしれませんが。
思い出した時に一つずつ作っているだけなので作成ペースが遅く、多分セットの中身はまだ2016年に到達してません。
おそらく、疑念はそのせいではないかと思われます。


次話ですが、多分次回は更新できると思います。
出すネタの程度を再検討して修正したりとかで遅れてますが、そこそこには仕上がっているので。
次の土日が突発的な理由で丸々潰れるような事でもない限りは、大丈夫なはずです。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。



番外編セット24

 番外編 116


 
 とある冬の日、海人はリビングで炬燵に体を突っ込みながら眠っていた。

 ちんまい体はすっぽりと炬燵に収まり、首だけがちょこんと出ている。
 流石に深く入っていると暑いのか、時折這い出ようとしているが、
周囲の寒気に触れると再びうにゃうにゃ言いながら炬燵に食われていく。
 
 汗をかきながらも、起きる気配はない。
 時折電源が入りっぱなしの携帯ゲーム機のボタンをポチポチ押しているが、
そもそも彼が眠って数分後にはゲームオーバーの画面が表示されていた。

 こんな状態だと普段は彼の母が起こして部屋に連れていってくれるのだが、
生憎彼女はおろか父も仕事で不在だ。
 今この屋敷にいるのは、海人とペットの犬一匹である。

 その犬は時折寝苦しそうにしている小さな主を心配そうに見つめ、
汗が出ている顔を舐めたりしているが、それだけ。
 苦しそうにしている原因は分かっていないらしく、炬燵から引きずり出そうとはしなかった。

 このままでは海人は遠からず風邪をひいてしまうだろう。
 
 そんな時、部屋のドアが開いた。

「う~、寒かったぁ~……ってどうしたの、珍しいじゃない」

 月菜は駆け寄ってきた愛犬の頭を撫でながら、首を傾げる。

 この愛犬は比較的大人しいのだが、懐いているのは海人にだけだ。
 彼が学校から帰ってくればとたとた駆け寄ってきて挨拶もするが、
月菜や彼女の夫が帰ってきても顔を向けるだけで立ち上がろうともしない。
続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード