ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編+誤字修正。
というわけで番外編です。
思いつきの、特に珍しくはない、若干血生臭いネタになります。
最後かなり強引な気がしますが、寛大な心で読んでいただけると幸いです。
誤字修正は御指摘いただいた最新話の一カ所のみです。

では、コメント返しさせていただきます。


コスモさん

聖武具含め、色々と考察を楽しんでいただければと思います。

礼服……服飾ネタは複雑ですからねぇ。
今ちょっと調べてますが、袖のボタン一つとっても由来がありますし。
番外編でやるのはちょい難しいかもしれません。

 さん

色々大変な事は間違いないですね。
なにせ、シェリスの屋敷でダントツの労働量ですから。

 さん

さてどうでしょう。
仮にそういう展開になったとしても、海人が大商人の本気に気圧される可能性もあるかもしれませんし。

ロボット三等兵さん

今回は割と控えめかと。
あくまでも知識の話ですから。

ガリナオさん

そのうち風呂のバリエーションは増えるかもしれませんね。
魔法使えば可能な施設も多いですし。

制服のデザインについては、色々お楽しみに。
作者の遊びが過ぎてえらい事になる危険も大ですが(汗)

 さん

さてどうでしょう。
色々想像していただければと思います。


次話ですが、初っ端から書いては消しを繰り返してます。
調子に乗った末のネタバレはまだしも、見落としたネタバレが一番怖いですね。
まあ、そういう不毛な作業もやってて楽しかったりするんですが、やはり時間はかかってしまいそうです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む
大変お待たせしましたが、百三話更新です。
どうにか本編更新いたしました。
後程修正する可能性はありますが、読み直す必要があるほどの修正にはならないと思います。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

こっちの芸術は結局人様の作品ですからね。
シェリスは売れと言い、海人は金取れんと言い、水掛け論になるかもです。
まあ、最終的に作者名不詳にして売るとかで妥協するかもですけど。

ご心配ありがとうございます。
久しぶりに仕事休む羽目になりましたが、無事風邪は完治しました。

月のお客様は微妙なラインですね。
不要な物の排出ですし、肉体強化は痛覚麻痺させるわけじゃないですから。
とはいえ、痛みの原因物質の抑制はできそうですが。

 さん

ありがとうございます。お待たせした分楽しんでいただければいいのですが。

煉恋々さん

お久しぶりです。
遅筆にもかかわらず気長に読んでいただけて、感謝です。
とりあえず、作者の寿命が尽きる前には完結すると思います(汗)

 さん

申し訳ないというほかありません。
ただ、仰るような事を思っているのならそもそも公開しません。
読んでいただきたいからこそ公開してるわけで、そんな偉そうな事はとても思えません。

 さん

申し訳ありません。
辛辣ではなく、当然の意見だと思います。
計画性のなさは、間違いなく作者の欠点ですので。

飛べないブタさん

ご心配ありがとうございます。
無事完治して本編書き上げられました。
楽しんでいただければよいのですが。
色々大変だとは思いますが、頑張ってください!

Aliceさん

4年も経ってなお覚えていていただけて、非常に光栄です。
今後も楽しんでいただける話を書けるよう頑張りたいと思います。

どんじゅさん

申し訳ないです。
仰る通り、期待して起きていてくださった方々に肩透かしは最悪ですね。
今後は何もなしの時はなるべく早く告知しようと思います。
帰宅自体が遅い時も多いので、確約まではできませんが。


次話ですが、ちょいてこずりそうです。
今後の仕込みと情報公開のバランスが難しそうなので。
体調管理に気を付けながら頑張りたいと思います。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。



白衣の英雄103
 海人の屋敷の大浴場。
 ここは控えめに言っても、平民の浴室としては最上級の贅をこらしてある。

 なにしろ、床を除けば室内は全面総ヒノキ。
 海人の世界でもかなりの贅沢だが、この世界のヒノキはヒノクニの特産品で、
この大陸で調達するとなればとんでもない大金が必要となる。
 唯一ヒノキではない床も、単調になりがちな色彩のアクセントとして御影石を使っているだけ。
 むしろその床材によって、かえって高級感が増している。
 鏡や風呂桶、椅子などといった物も良い物で、どこを見ても隙が無い。
 それでいて中にいる者に緊張感を与えるような事はなく、むしろ安らぎを与える仕上がりになっている。

 風呂好きの刹那は完成直後に室内を見た瞬間喜びで気絶しかけ、
シェリスは見た瞬間自分の姿も忘れて素っ裸で海人を締め上げに走りそうになった程の出来。

 これまでここを訪れた者は軒並み高評価を出し、ローラもまた例外ではなかった。

(……やはり、この浴室は良いわね。疲れが溶けていくようだわ」

 ほのかに漂うヒノキの香りを堪能するかのように、ローラは目を閉じた。

 先程の運動による疲労はかなりのものだったが、既に半分以上が抜けている。
 室内に漂うヒノキの香り、明るく温かみのある色彩、当たりが柔らかく不思議と落ち着く感触の湯船。
 それら全てが余分な緊張をほぐし、体の奥にある疲労までをも湯の中に溶かしていく。 
 
 海人特製の入浴剤とやらの効能もあるのだろうが、それを差し引いてもやはりこの浴場の安息感は凄まじい。

(浴場を安らぎの場と位置付けるなら、やはりこの大陸は大きく遅れているわね)

 湯船のお湯を掬いながら、そんな事を思う。

 シェリスの屋敷の大浴場も金と手間がかかっているが、ここと比べると見劣りする。
 質自体は高いが完全な石造りなので色彩が暗く、安らぐには向いていないのだ。
 浴槽に入って座った時の感触も硬く、長居しようとは思わない。 
 芸術として見た場合は決して見劣りする出来ではないが、安息の場としてはこちらに軍配が上がる。

 とはいえ、それも仕方のない事。

 こちらの大陸では、本来浴槽とは体を丸洗いする為の物。
 湯船に浸かってゆっくりするなどという習慣は貴族の間でも珍しい。
 平民の浴室にいたっては、浴槽もなくただ水びたしになっても問題ないだけの部屋という事も珍しくない。
 上流階級では入浴の習慣も僅かずつ浸透してきているようだが、広がるには時間がかかるだろう。 
 
 ましてこの浴室に匹敵する安らぎの空間を生み出すとなれば、それこそ何十年かかるか分かったものではない。
 そして、海人はシェリスの屋敷にこれを作る事はないと明言している。

 残酷な現実に思わずローラが溜息を吐いたところで、入り口のドアが開いた。
続きを読む
申し訳ありませんが、何もなしです。
面目ないですが、何もなしです。
油断して風邪ひいたんですが、まだ熱が下がらずまったく頭が回らないので。
本編を期待して待ってくださっている方々には大変申し訳ないですが、今しばらくお待ちいただけると幸いです。
勝手ながら、コメント返しは次回まとめてさせていただきます。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。


何もなしです。
面目ないですが、何もなしです。
本編調整してて、気付いたらこの時間だったもので。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

身内への暗示は海人嫌がるでしょうね。
不可欠となればやるでしょうけど。

すっぽん……実は作者、あまり美味いと思った事がなかったりします(汗)
なので、正直描写が書きにくそうですね。

ガリナオさん

前回止められたのはあくまでも既存魔法、それも理性が飛んでるせいで限定的なものしか使えなかった事が大きいですからね。
ローラがいても現在は危険絶大なので、多分実験しません。海人が他の開発した方が効率的で危険少ないですし。
申し訳ありませんが、本編はもう少々お待ちください。

ロボット三等兵さん

雫は性格もですが、実はスペックが愉快な事になってます。
理屈上の最大値なら刹那すら遠く及ばないので。
本来なら能力の発動条件もかなり緩いですし。
申し訳ないですが、本編はもう少々お待ちください。



次話ですが、現在最終調整中です。
おそらく次回には本編更新できると思います。
毎度遅筆ですが、気長にお待ちいただけると幸いです。

では、今回も数多くの方の御来訪ありがとうございました。



プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード