ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
勝手ながら、没ネタは次の機会という事にさせていただきます。
題名通りですが、本日は没ネタ無しです。
色々私用があっって土日が潰れ、掘り出す暇がありませんでした(汗)

では、明日が早いので急ぎ足ですがコメント返しをさせていただきます。


戸次さん

財宝を海人に託す事はありえないかと。
ルクガイアの民に還元されるべきなわけですから、
海人のように自分の周囲にしか関心のない人間には託さないでしょう。

シェリスに言わなかった理由としては、王女である確率が低すぎるため、
言っても彼女に余計な迷いを生む事になる危険の方が大きいと判断したためです。
古代遺産にしても独自開発にしても、普通なら無視して当然の確率なんです。
億に一つ以下の確率で当たっていたとしても、ラクリアの情報からして順番が多少前後するだけですし。

もっとも、シェリスから万一に備えて手の空いている戦力を国内に戻している事を聞いていれば
彼の対応も違ったかもしれませんが。
分かり辛くてすみません(汗)

それと、ラクリアの描写のしつこさの御指摘、ありがとうございます。
悔やんでも悔やみきれないと強調するつもりだったんですが、やり方が稚拙だったようです。
もっとスマートなやり方を考えたいと思います(滝汗)

華羅巣さん

実は前話のコメントいただいた時に、かなり焦りました(笑)
気付かれるだろうな、とは覚悟してたんですが、実際に気付かれてしまうとあちゃ~って感じでしたね。
黙っててくださってありがとうございました。

気配察知に関しては仰るとおり、海人の周囲が異常すぎるだけです。
ハロルドなどの老人キャラも年齢考えると異常ですし(笑)

fujiさん

いえいえ、まだラクリアが光学迷彩を使ったとは限りませんよ?
あくまで可能性の話です。

あと転移装置ですが海人が、という意味なら作ってません。
そんな物があるなら万が一の時に逃げるのも難しくないでしょうし。

トマトさん

確かに海人達が動くとラクリアが償う以前に壊滅させちゃう可能性ありますね。
容赦する理由もないですから、躊躇いもありませんし。

心の原っぱさん

コメントありがとうございます。
石の詳細につきましては、先のお楽しみという事でお願いします。

法皇の緑さん

ミスリードか、はたまたそのままか、先を楽しみにしていただけると幸いです。

神楽さん

本当に海人周辺は怪物の集まりですよねぇ……。
基本箱入りなラクリアがどこまで対応できるか、はたまた対抗できずに翻弄されてしまうのか。
先を楽しみにしていただけると幸いです。

冥さん

御指摘ありがとうございます。
意外性を持たせるためだったんですが、話の進め方が上手くなかったようです。
第一部の敵が個性を発揮せずただのやられ役集団になってしまった印象があったので、
それを改善しようと考えていた展開なんですが……難しいですね(滝汗)

なお、国王達の所業それ自体は今までの認識で間違いはありません。
暴政を行い本来守るべき対象であるはずの国民を虐げ、悪行を積み重ねています。




うーん……気分転換も兼ねて今までの話を改めて読み返して思ったんですが、
第四部辺りからどうも話に締まりがなくなってる気がします。
しかも第五部が進むにつれてそれが悪化しているような……。
第三部まではそれなりの形になっているように見えるんですが(汗)

ひょっとすると、第五部完結後に四部、五部の大幅な改定作業やるかもしれません。
どうも一度気になってしまうと放置しっぱなしは気持ち悪く感じてしまうので(汗)

なお、その場合も第六部は並行して書くつもりです。
改訂なのでベースはありますし、幸い九月末に碧の軌跡が出るまでやりたいゲームもないので、
どうにかなると思います。
というか、海人の授業風景を早く書きたいのでなんとかします(汗)


では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。






プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード