ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
久しぶりの没ネタ――四十五回目です。
というわけで、没ネタ45回目です。

今回は50話冒頭部分の没ネタです。
早目に没になって調整してないんで、かなり粗い出来ですが(汗)

では、早速コメント返しをさせていただきます。


コケさん

そう言っていただけるとありがたいです。
スレイヤーズ……昔周囲で流行ってたんですが、読んだ事はないですね。
オーフェンは全巻持ってるんですが……今度機会があったら読んでみたいと思います。

とまとさん

雫の成長は、本当に両親泣いて喜ぶでしょうねぇ。
あれ抜けばわりと自慢の娘なはずなので(汗)

華羅巣さん

遠隔視魔法に関しては想像が出来なかった、と距離がありえない、ですね。
基本的にあの世界で使ってるのは望遠鏡みたいな魔法です。
伝声の方は距離だけです。

それと、仰るとおりあの状況の刹那自身の戦闘能力はがた落ちしてます。
括りつけているとはいえ、動きを阻害する無駄に図体のでかい荷物ですから。
代わりに海人がいるので防御はほとんど考えなくていいという強みがありますが、
あれはやはり海人を確実に守るための緊急措置の側面が強いですね。
引き離されてたら、海人は速度差で惨殺される可能性高いので。

目指せ百話……でも、予定では確実に突破するんですよね(汗)
何年後になるかが怪しい今日この頃ですが、頑張りたいと思います。

通りすがるさん

ラクリアの祖父ですが、彼が死んだ時にはゲイザーの兄が生きていたので問題はなかったのです。
その後問題が起こったわけですが……まあ、どのみち結果だけ見ると愚王ですよね(汗)

傭兵はあくまで傭兵ですが、職業上の信用というものがあります。
敵わない、でただ逃げるだけでは後々に関わりますし、撤退には迷いも出ます。
今回は撤退もまともに出来ない大戦力で攻められた、というのが大きいです。
シェリスの指示が無ければ仕掛けを使う決心も付かず、そのまま全滅していたかもしれません。

国軍ですが、もちろん保有する意味はあります。
戦闘における数の利はやはり大きいですし、平均的に質を維持できるわけですから。
作戦上も兵の数が多ければ色々幅が広がりますし。
なにより、広い国土を常に守るためにはどうしても兵の数が必要になります。
いかに優れた数十人がいたところで、物理的にカバーできない範囲はどうしようもないですから。

スウさん

屋敷の防衛システムの活躍はまたの機会ですね。
なにしろ、下手に稼動させると友人殺しかねませんので(汗)

とある人さん

仰るとおりです。
なお、作者の記憶違いでなければ、音声伝達魔法は地味に第三部で使ってたりします。
図書館にいたシェリスの使用人達が刹那とローラの手合わせの知らせを受け取った時ですね。

つうぉいさん

えー……肩透かしさせてしまってすみません(汗)
彼ら個人の理由はあんなもんです。その程度――しかし本人にとっては決定的な理由です。
王の方もそれほど大差は感じられないかもしれません。
一応、第五部全体が今後のちょっとした仕込ではあるんですが(汗)

戸次さん

刹那の料理――確かに『凄い』ですよね(笑)
最近は徐々にまともになってきていますが、どこで何が起こるか分からないのが人生。
きっと順調には終わらないでしょう。

アイザックの場合、陰口叩いてた人間はまだしも、
特に関わりの無い人間まで酷い目にあわせてますからねぇ……。
最初の殺人だけで止まれていれば、また違った道を歩んでいたかもしれません。
いずれにせよ、彼は道を踏み外してそのまま短い人生を終えてしまったわけです。
本人的には予想していた事が起こり、そのまま予想通りの結末を迎えたわけですので、
やっぱりこうなった、と意外に満足していたのかもしれませんけど。

fujiさん

お久しぶりです。
御指摘ありがとうございます。修正しておきました。
いや、なんでこんなミスしたんでしょうね(滝汗)

期待に応えられるよう頑張りたいと思います。




さてさて、波乱ばかりだった(更新的な意味で)第五部もいよいよ終わりが近づいて参りました。
51話は若干悩みどころがありますが、どうにか調整して仕上げたいと思います。
更新は……可能な限り早くしたいと思います(汗)


では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で没ネタをお楽しみください。











続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード