ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編+誤字修正。
というわけで番外編です。
毎度のように完全思い付きなネタになります。

それと御指摘いただいた誤字を修正し、分かり辛そうな箇所を一カ所修正いたしました。
一応書いておきますと、シリルが重傷を負わせたのは自分の肉親です。

あと、拍手のコメントについてですが、読ませてはいただいていますが原則コメント返ししない事にしております。
もしもコメント返しをご希望であれば、お手数ですが通常のコメントの方にお願いいたします。
御存じの方も多いと思いますが、念の為。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


コスモさん

宗教が、というのもありますが、ゼオードの能力や人望自体が仇になったというのも大きいです。
彼の責任ではないですが、半ば絶対視されていた分反動も大きかったわけですね。

しゃぶしゃぶ……個人的に牛肉のしゃぶしゃぶが若干苦手なので、上手く描写できないかも(汗)

名無しさん

誤字のご指摘ありがとうございます。
該当箇所を修正いたしました。

 さん

お待たせして申し訳ありません。
楽しんでいただければ幸いです。

 さん

いずれにせよシェリスの中で色々葛藤があるのは事実ですね。
借りを返そうと何かしても彼が喜ばなければ押しつけにしかならず、それでは返したとは言えない。
今回負債増えましたが、その後ちょっと返せそうなので喜んでたりします。

戦闘に関しては、どんな敵になるにせよ読んでてつまらない展開にはならないようにしようと思います。
安直すぎると書いててつまらなそうですし。

シャオさん

国ごとではなく、都市ごとですね。
91話最初に書いてありますが、イナテアはあくまでプロイムスという国の一都市です。

それと、シリルの起こした事件は表向き存在していません。
そうでもなければ、流石に背神者として手配されていたでしょう。
シェリスが語っているのは、確かな根拠のある隠された情報を見つけ、それを組み合わせて導き出された情報です。
海人がすんなり受け入れているのは、彼女が相応の根拠なしに語る人間ではないと信用しているからです。
情報伏せまくってはいますが、なんだかんだで彼はシェリスの事を信用しています。
分かり辛くてすみません。ちょこっと修正加えました。

戦闘シーンはもう少しお待ちください。
他にも書かなきゃいけない事があるので。



さて、次話ですが結構執筆はかどってます。
今回書きたかった箇所に突入し始めたので当たり前なんですが。
執筆時間さえまともに確保できれば、ちょっとだけ本編更新早まるかもしれません。

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。


続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード