FC2ブログ
ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
白衣の英雄117
 旅行最終日前日の朝。
 海人達はゆったりと散策を楽しんでいた。

 レザリアの観光案内は彼女が吟味を尽くしたとっておきのルート。
 海人希望の工房やアトリエの見学もたっぷりと取り入れ、余裕も残した珠玉の予定。
 そして実際に海人達も一切の不満なく楽しんでいた。

 が、どれほど楽しかろうが予定通りの行動だけというのは少し面白みに欠ける。 
 ちょっと気になった店を覗いたり、何もせずその場の空気を楽しんだり。
 観光とは、そういった多少の予定外があった方が楽しい。 

 なので、レザリアは最後に王都そのものをのんびり丸一日楽しんでもらう日を設けていた。

 無論何もしないわけではなく、あくまでも海人達の自由意志で好きな所に行ってもらうだけ。
 場所について説明を求められれば答えるし、一休みする時にはお勧めの店を提案したりもする。
 そして夜には本日唯一の予定として、レザリアが王都一と確信する料理店を予約済みだ。
 
 程良い解放感が得られ、締めくくりの一日としては良いはず。
 レザリアはそう判断して今日の日程を決めていた。

「となると、あの店は子供には人気なのか」

「ええ。あの色々な造形が子供には人気みたいです。
正直、味考えると値段高いと思うんですけどねぇ……」

 先程買ったパンを食べながら、レザリアは海人の問いに答える。

 このパン、味はさして美味くない。
 一応それなりに美味いが、この王都には他に美味い店がいくらもある。
 値段と味のバランスだけを考えれば、この店は選択肢に入らない。

続きを読む


プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード