ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
32話更新――長っ!?
題名通り32話更新ですが――長いですね(汗)
緊迫感出そうと思って31話は説明を色々省略したんですが、そのせいで種明かしの今回が長く……。
未熟ですねぇ、我ながら(涙)
結構急いで書き上げたんで、後でミスに気付いて修正する可能性ありです。
まあ、一応目は通したんで大きな変更は無いと思うんですが。

では、愚痴っぽくなってきましたのでそろそろコメント返しを。

至玖さん

ローラの試合――とりあえず、一人の例外も無くローラに畏怖を抱くレベルです(笑)
反骨心の強い者も我侭な人間も、誰も彼もが泣いて許しを請う、そんな次元です。

戸次さん

ええ……特に動体視力関係は多かったです。第一部から出そうとして出し損ねてましたから(汗)

さとやんさん

詳しくはまだ秘密ですが、シェリスが認めたんです。
ローラが無理に認めさせたんではありません。

シリンさん

海人の両親に関しては先をお楽しみにということで。
傭兵団の団長達はそのうち出てきますんで、そちらもお楽しみに。
ホントにこの話、無駄に設定が多くてやたら入り組んでるんですよね(汗)

ほがーさん

多分、無理です。
洒落抜きに書いた本人が吐き気をもよおした黒歴史ですから(汗)






めでたく第三部完結、そして第四部なわけですが……次の日曜は私生活の事情で更新できません。
多分月曜深夜に没ネタを掲載することになると思います。

32話読んでもらえれば分かると思いますが、33話は必然的に明るくなります。
今の状況で二人が帰還しますんで、どうやってもお祭り騒ぎにしかならないんです(汗)

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。





コメント
あの二人が帰ってくるーーー!?
ルミナス&シリルはどの様な感じで帰ってくるのか楽しみと不安が…イキナリ宝蔵院姉妹と一触即発の事態になったりはしないかと心配です。何かルミナス辺りが空から進入とかして姉妹に迎撃されるとか…で海人は「よかった迎撃システム配備しなくて」と内心ホッと胸をなで下ろす…なんて訳は無いか。

質問を下に書いておきます。(返答に期待はしていません、ネタは大切でしょうから)

①依頼されたミドガルズ鉱石をどうするのか。(何かあまり多く創造魔法でカサ増しすると出どころから海人が危なくなる気がするのは自分だけでしょうか)

②宝蔵院姉妹の武器の材質はどうなるのか?あるいはもう武器の形で創造魔法で調達するのか?(ルミナスの剣のドラックヴァン鋼みたいな材質も創造魔法がバレたので海人なら用意出来そそうなので…)

③他の傭兵団のメンバーはどうするのでしょう?(今回は戦いではなく闘技大会だったので体のダメージは兎も角、精神面はダメージ少ないでしょうから、ルミナスの家に入り浸りのメンバーもいるのかと…)

④ゲイツはそろそろ依頼を終える事が出来たのでしょうか?(あまり遅いと某料理長のお怒りが…結婚も控えてるのに)

⑤海人先生の授業は行われるのでしょうか?もし行われるなら、参加者はシェリスの屋敷の人だけでしょうか?(宝蔵院姉妹やルミナス&シリルなども参加するのか)

⑥次はいつくらいに更新かな?
[2010/08/26 23:49] URL | 戸次 #Wjzbkqqg [ 編集 ]

いまだ見ぬ。
ローラさんの本格的なデレ期をいまか今かと。
待ち続けております。

ルミナスとシリルがツートップヒロインの座から気がつかない内に転落になりそうですなw
[2010/08/29 21:43] URL | たれ #JalddpaA [ 編集 ]


海人のチートパワーで

抗鬱剤じゃないけど、脳内分泌物質の過不足調整で雫の殺人衝動もきっとさくっとなんとかしそう

(`ェ´)ピャー
[2010/09/05 08:16] URL | 俺、佐藤裕也(`ェ´)ピャー #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nemuiyon.blog72.fc2.com/tb.php/101-9bdf4156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード