FC2ブログ
ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
64話更新+番外編その5。
遅れましたが、64話更新です。
ついでに前回出し損ねた番外編も仕上げました。
次の日曜にでも、番外編1~5をセットにして目次に追加しようと思います。

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


 さん

仰るとおり、遠距離限定で手段を問わなければ海人はほぼ無敵です。
ただ、あまり派手な兵器を使うと大騒ぎですから、使える手段は限られてしまいます。
それでも十分すぎるほどに凶悪な上、護衛二人がいるせいで間接的に自己開発した凶悪な魔法も使えますが。

なお、誤解があるようですが……エミリアは海人秒殺できます。
あくまで両者共に魔力が使えないという条件下の話ですが。
あと、ヒロイン候補かどうかはともかく、接近戦の性能が低い女性は一応ラクリアがいます。
それもフェンがセットになってなければ、の話ですが(汗)

vecさん

どうにか仕上げました。
今回大人しめですが、次話から徐々にアクセル踏んでいく感じになると思います。



えー、65話どうなるかバレバレな気はしますが、気付いても黙っていてくださると助かります(汗)
それと、65話はここ最近のペースよりは多少早く書き上がると思います。
一時的な開放感が吉と出るか凶と出るかにもよりますが(汗)
相変わらず完結させる意思だけは衰えてませんので、そこはご安心を。

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。





 番外編その5




 シャロン・ラグナマイトの朝は、水浴びから始まる。

 他のメイド達よりも三十分早起きして、体を洗う。
 同僚達はすぐに朝の鍛錬で汗を掻くのだから意味が無いと言うが、これは好きでやっている事。
 寝起きの体に水がかかって気分が引き締まる、その感覚が好きなのだ。
 二時間後には再び体を洗うとしても、無意味な事だとは思わない。

 そんな事を考えながら、浴室から出て体を拭く。
 
 自分の体を見下すと、ふと昔の体を思い出した。
 この屋敷に来る前は少しぽっちゃりしていて、それを男の子にからかわれていた。
 それが嫌で痩せようとしてもなかなか細くならなかったのだが、この屋敷に勤めた翌月には無駄な肉は消えていた。
 何度死んだ方がマシと思ったか覚えていないが、その甲斐はあったと思える。

 村で男の子に泣かされていた自分が、今や山賊を片手で殲滅できるのも成果と言えば成果だろう。
 背後から野盗に襲い掛かられた瞬間、相手の頭蓋骨を裏拳で粉々にしてしまったのも今となっては懐かしい思い出だ。
 色々間違っている道を突き進んでいる気はするが。 

 そんな事を思いながらもシャロンは、自然に作業をこなしている。
 髪を丁寧に乾かしながら髪型を整え、洗い立てのエプロンドレスを身に纏う。
 最後にうっすら化粧を塗り、分解した愛用のハルバードを手に取った。

 このハルバードはシャロンの力が一定水準に達した際、主から賜った物だ。
 組み立て式だが、強度は抜群。組み立てられない場合でも柄を棍として戦える便利な武器。
 シャロンの動きの癖に合わせて鍛冶屋に作らせたらしく、まさに自分の体の一部のように扱える。
 
 そんな武器をスカートの中に仕込み、最後に鏡で身だしなみに問題がない事を念入りにチェックする。
 髪、服の皺、化粧の具合諸々チェックし終え、ようやくシャロンは朝食に向かった。






 
 シャロンが食堂に入り自分の席へ向かうと、同僚が声を掛けてきた。

「おはよー、シャロン」

「おはよう、ハンナ。まだ眠そうね」

 眠そうな顔でトーストを齧っている同僚に、苦笑い。

 彼女は、朝食の時間にはいつもこんな感じだ。
 一見だらしないようだが、仕事が始まる頃にはシャキッとしているし、
朝食中にも上司が近くに来たらその瞬間目を見開いて背筋が伸びる。

 もっとも、後者は単純な恐怖心からかもしれないが。
  
「そりゃあ、シャロンみたいにこの時間からきっちりは出来ないわよ」

「それを言ったら、料理長達なんてもっと早起きじゃない」

 サラダを突きながら、優しく諭す。

 今日の献立はトーストにベーコンエッグ、人参のグラッセ、サラダにフルーツたっぷりのゼリー。
 どれもこれも美味しく、一口食べるごとに活力が湧いてくる。

 相変わらず美味な食事だが、これを作る為に料理長達厨房組は毎朝他より数段早く起きている。
 それを思えば、シャロン程度の早起きは大した事ではない。
  
「まあねぇ……あれでシェリス様が一般的な貴族の食事してたらどうなってたことやら」

「大して変わんないよ。シェリス様の朝食の仕込みついでにあんたらの料理を作るだけさ」

 ほいっ、とクッキーの入った籠をシャロン達の前に置く料理長。
 焼き立てらしく、甘い魅惑的な香りが漂っている。

「毎朝ありがとうございます、料理長」

「なーに、作った物喜んで平らげてもらえりゃ、料理人は満足なもんなんだよ」

 はっは、と豪快に笑いながら去って行くスカーレット。
 
 今のは、彼女の口癖の一つ。
 料理人の満足は、食べた人間が喜んで皿を空にする事。
 多少作法が悪くても、それさえあれば満足できる。
 それが料理人という生き物だと。

 凄い女性だ、とシャロンは思う。
 その為だけに屋敷で二番目に早く起き、全ての準備を整え、それでいて疲れを感じさせない。
 副料理長など、そんな彼女に憧れつつも毎朝疲れきっているというのに。
   
 プライベートで婚約者の惚気が多すぎるのが珠に瑕だが、尊敬に値する人物だと思う。

 だが、この場にはそれ以上に尊敬すべき人物がいる。
 静かに、淡々と猛スピードで上品に食事を平らげる上司――――ローラ・クリスティアが。 

「おっ、総隊長、相変わらず良い食べっぷりだね」

「御馳走様。いつも通り美味しかったわ。ただ、今日はパンに少し難があったわね」

 口元をハンカチで拭いながら、気付いた点を口にするローラ。

「……流石だねぇ。今日ちょっと手違いがあっていつもより少し生地を発酵させすぎちゃったんだよ。
悪い、明日はちゃんとしたの出すから」

「気にしなくて良いわ。一応言ったけれど、十分過ぎる程に美味しかったから」

 軽く手を振ると、ローラは食器を片づけて食堂を出て行った。

 その後ろ姿を見ながら、シャロンは思わず溜息を漏らしていた。
 この世で最も尊敬する人物は、と聞かれれば迷う事無くローラと答える。
 それほどに彼女は美しく、強く、全てにおいて完璧だ。

 特に、最近はその超人性が際立っている、
 屋敷の最古参メンバーの大半が別件で不在の為、負担の多くが圧し掛かっているというのに、
彼女は事もなげに毎朝屋敷で一番早く起き、休憩時間も碌にないまま働き続け、最も遅く寝て仕事をこなしている。
 それでいて表情はおろか態度にも疲労感を一切出さない。
 無論、その絶世の美貌にも一切の陰りがない。
 
 正直、人間離れしすぎて恐ろしいとは思うが――――それ以上に、憧れる。

 今はまだ戦闘能力は未熟、重要書類を任せてもらう事も出来ない身。
 憧れる事すらおこがましい差があると、理解はしている。
 どんなに努力しても、一生届かない事も。
 
 だが、あの高みに一歩でも近づきたい。その思いは消せない。
 例え届かなくても、全貌を認識する事さえできなかったとしても。
 それほどに強い憧憬を抱かせるのが、ローラ・クリスティアという女性なのだ。

 その高みに一歩でも近づきたい。その一心でシャロンは努力を惜しまなかった。
 殺人的な戦闘訓練にも悲鳴を上げながら耐え、量を増し始めている書類も涙を流しながら処理し、
あらゆる苦難に真っ向から立ち向かっている。
  
 唯一――――月に一度行われるローラとの試合を除けば。

 今日の午後の予定として入っている自分の公開処刑を思い、シャロンは心でひっそり涙した。



 
コメント

本編及び番外編の更新乙です。

ようやく傭兵組とカイトが会合しましたねぇ(^^♪

ケルヴィンくんは…………仕方ないね(=o=;)

番外編の公開処刑とその後のシャロンが気になる次第ですね~

最近忙しいので、息抜きがわりに楽しませて頂いてます(´;ω;`)ウッ…

次回更新楽しみにしています。
無理はなさらぬよう…
[2012/07/30 00:35] URL | vec #16DbdvNA [ 編集 ]


シャロン、可愛いよ、シャロン。

痩せたのではなくて無駄な肉がなくなったとか、どんだけw
夜の通販番組に出てくるような女性体型なのか?w
というか、ローラの場合、メイド服で隠れているとは言え、筋肉どうなってんだww

>なお、誤解があるようですが……エミリアは海人秒殺できます。
ええええええええええ。
カイト、中近戦で勝ち目無い相手ばかり寄られるとか女難過ぎるw
花屋の孫娘に期待をかけるしか……っ!!

[2012/07/31 23:38] URL | NO Name #- [ 編集 ]


今回の更新とは関係のない話なのですが、Googleで白衣の英雄と入れると自動補完追加ワードでローラが出るんですね。

別にそれ自体はいいんですが、彼らは白衣の英雄にローラを追加して何を検索したかったのかがちょっと興味あります。
[2012/08/01 21:57] URL | #- [ 編集 ]


今回の話に関係ないんですが、48話の文章中の温泉の元っていう言葉……温泉の素じゃなかったかな~と^^;間違ってたらすみません(-w-);
あと感想をば^^初めに比べて更新速度が激減していることがきになる。
パワーバランスがとてもよくとても読みやすいし面白い。疑問もたくさんあるけれど、これからも体に気をつけて、無理しないように頑張ってください^^
[2012/08/04 17:15] URL | galza #mQop/nM. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nemuiyon.blog72.fc2.com/tb.php/244-6a6bceb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード