ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
番外編……微調整が終わらない(涙)
というわけで番外編です。
今回はいつも以上に本編と無関係になります。
書いた後で気付いた事ですが、設定的に色々問題のある話です(汗)

では、急ぎ足ですがコメント返しさせていただきます。


ぞらさん

おおよそ二万だと思っていただいて問題ないかと。
五万以上とかもありますが、個人的にはそのレベルだと超高級になると思います。

余談ですが、あれはアスリートにはほとんど売れなかった事になってます。
主にお肌の悩みを持つお金持ちな方々が買った設定です。

hさん

悲しい事に、海人以外金銭感覚バグってません。
美味しきゃいーやって感じで半分開き直ってはいますが。

名無しの権兵衛さん

ええ、普通のアスリートはとても使用できない価格設定です。
メインで購入したの大金持ちの女性達です。

そして、二人の生活費諸々ですが……食費だけで軽く越えます。
おそらく全員で地下の好きなワイン飲み漁るだけでいっちゃいます。
そして装備にも大粒ダイヤ含め異常なコストがかかってますので、
全部含めると私の生涯年収なぞ軽く超えているはずです(汗)

ラングドシャさん

胸の大きさランキング、大雑把にですが上から順にお答えします。

メイベル>シャロン>スカーレット>ローラ≧ルミナス>ラクリア>>>シェリス≧シリル≧雫

なお、下位三人は五十歩百歩です。

 さん

まあ、団長も副団長もかなりデタラメなんで、その説を考えるのは当然かもしれません。
一応まだあんまり二人のイカレ性能っぷり出してないつもりなんですが(汗)



さて次話ですが、微調整に手間取ってます。
水曜目標としたいところなんですが、今週やたら忙しいのでおそらく日曜になってしまうと思います。
多分今までで一番遅い更新になってしまいますが、気長にお待ちいただけると幸いです。


では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。
気が向いた方は『続きを読む』で番外編をお楽しみください。






 番外編。




 ある日、シリルが目覚めると目の前が真っ白だった。

 顔に触れている何かのせいだと気付き引っぺがすと、見慣れた食堂の天井が見える。
 横を見れば、大量の酒瓶とぐーすか寝こけている同居人達の姿。

 そして、昨晩の事を少しずつ思い出す。

 既に何度目だか覚えていないが、五人で宴会をやった。
 創造魔法によって作られた極上の酒に、何が一番合うか五人で色々試したのだ。
 覚えている限りでも、酒の消費量はワイン瓶で百本以上。
 飲みすぎたせいか、酒に強いシリルでさえ最後の方は記憶がない。
 
 状況からすると、飲みすぎて全員この場で眠ってしまったのだろう。

(……また酔っぱらって雑魚寝とは、我ながら醜態ですわねぇ)

 頭を振って眠気を飛ばしながら、起き上がる。

 引っぺがした物を見ると、海人の白衣の裾だった。
 おそらく、寝ている途中に寝返りか何かで顔にかかったのだろう。
 少々息苦しかったが、酔い潰れたのはお互い様なので腹は立たない。
 
「とはいえ、これにはいささか殺意を覚えますが」

 ギロリ、と鋭い視線を熟睡している海人に向ける。

 暢気そうな寝顔。これは許そう。
 普段張り付いている性悪そうな表情とのギャップのせいか、なかなかに愛嬌がある。   
 というか顔立ち自体悪人系ではあるのだが、表情が穏やかな寝顔なら――――多少、目の保養になるのだ。

 折角夕食前に整えてやった衣服をやたら着崩している。これも許そう。
 元々美に関心の薄い男だし、酔いが回ったのなら暑くて着崩すのも責められる事ではない。
 それに些かラフすぎるきらいはあるが、体型自体は整っている為かこれはこれで見栄えがする。
 次はもう少し冒険してみようか、と思う程度には。

 自分と他の同居人達の待遇が違う事も、まあいい。
 刹那は彼の右の二の腕を、雫は前腕を枕にしていて寝心地が良さそうだが、
海人の性格からして自ら枕として腕を差し出したとも思えないし、
位置を考えれば起きた時こそ床だったが、自分も彼の足を枕にしていた可能性はある。
 むしろ腕を押さえられてしまっている状況に同情すべきかもしれない。
 
 ――――が、彼の胸に頭を乗せているルミナスについてだけは別だ。

 海人に罪はない。そんな事は重々承知している。
 彼本人は両手を投げ出して大の字で寝ているだけで、ルミナスの頭を抱き寄せるなどもしていない。
 状況からして、ルミナスの方が彼の胸を枕にしたと見るのが妥当だろう。 

 しかし、しかしだ。

 愛する上司が自分以外の人間の胸で幸せそうに眠り、
あまつさえその人間が寝返りを打ちそうになると、
熟睡しているにもかかわらず腕力で強引に止めて顔を摺り寄せている。

 こんな光景を見せられて、恋する乙女が冷静でいられるはずがあろうか。

「……すぅぅぅぅ……はぁぁぁぁぁ……すぅぅぅぅぅ……はぁぁぁぁぁぁ……」

 荒ぶる心を鎮めるべく、深呼吸を繰り返す。

 海人に非は何もない。それが分かっていて理性を捨てられる程、シリルのプライドは安くない。
 この馬鹿を一発ぶん殴りたい、そう切実に訴える感情をなけなしの理性で強引にねじ伏せる。
 視線が射殺さんばかりになっている事ぐらいは、まあご愛嬌だろう。

 そして努力の甲斐あって落ち着きを取り戻しかけた時、
 
「シリル嬢……」

「!?」

 寝ているはずの海人が唐突に放った言葉に、思わず硬直する。

 もしや起きていたか、と顔を覗きこむが、やはり眠っていた。
 どうやら、寝言だったらしい。そしてよく見ると、唇がその後も若干動いている。
 ひょっとすると、続きがあるのかもしれない。

 なんとなく気になったシリルは、それを聞いてみる事にした。
 寝言はかなり小声なので、海人の近くによって耳をそばだてる。
 
「だからシリル嬢……駄目だ。君の願いを叶える手立ては無いわけではないが……」

(……どんな夢を見てますの?)

 思わず首を傾げてしまうシリル。

 考えられるシリルの願いとなると、ルミナスと結ばれる事に他ならない。
 他に細々とした願いは数多くあるが、それらはどれも海人なら容易に叶えられるだろうし、自分でも叶えられる。
 そして、なんだかんだで身内に甘いこの男がその願いを断る事は稀だろう。
 一番確率が高いのは、間違いなくルミナスと結ばれる事である。

 が、それにしては反応が妙だ。

 海人の性格からして、協力しないならしないときっぱり言うだろう。
 捻くれてはいるが誠実さがある男だし、そういう時に言葉を濁すタイプでもない。
 勿論、仮に夢の中の自分が武力で脅迫したとしても、それに屈する男でもない。 

「ああ、不可能ではないがやめておけと言って……いや、剣を抜かれても……」

(……言葉からすると、叶えられなくはないがリスクが伴う事、
そして私が剣を抜いてもおかしくないぐらいに切実な願い。
いったい何ですの?)

 ふーむ、と考え込む。

 寝言の内容からすると、学問の可能性が高そうに思える。
 どこかの貴族にシリルが馬鹿にされ、それを見返す為に短期間で徹底的に学問を叩き込んでもらう。
 そして、短期間で成果を得る為の手法にリスクがある。そう考えれば筋は通らなくもない。

 現実的にはシリルが教養で誰かに侮られるなどありえないのだが、
学問に関しては絶対的上位者である彼ならそういう夢を見る事はあるかもしれない。
 シリルがどのレベルだろうと、海人より圧倒的に格下である以上、そういう事が無いとは言い切れないのだ。
 
 生物原料を用いる薬という可能性も考えたが、こちらはすぐに却下できた。
 患者がエアウォリアーズ団員であればルミナスからの頼みになるはずなのでシリルがメインの夢にはならないだろうし、ルミナスが患者だとすれば海人はシリルに教えられた瞬間全力を尽くして奔走するはずなのだ。   
   
 他にも幾つか候補は上がったが、一番確率が高そうなのは学問系だった。

「……そもそも、必要ないと思うぞ。少々幼いが、君は間違いなく類稀な美貌の持ち主だ。
それをやればかえってバランスが崩れてしまう」

(…………学問系という可能性も吹き飛びましたわね。
代わりに、おそろしく腹立たしい予感がしてきましたが)

 我知らず、拳を鳴らすシリル。

 容姿に触れ、バランスが崩れるという言葉。
 ここから導き出される答えはそう多くない。
  
 多少劣等感はあるが、改善の為に剣を抜いて脅しにかかる程には気にしていない事だ。
 自分の使う武器の関係上、便利と言えば便利な事でもあるのだから。

 心外な認識は、正さねばならない。
 たかが夢と言われるかもしれないが、そういう事をやりかねないと思われているからこそ夢に出るはずなのだ。
 これが背後から自分に射殺される夢などなら、基本心配性な海人なら仕方ないと割り切って慰めもしただろうが、これは少々許し難い。
 少なくとも、先程抑え込んだ理不尽な嫉妬心の抑圧を解き放つには十分だ。

 シリルは万全の準備を整え、決定的な言葉が出るのを待った。

「いや、だからわざわざ胸を大きくする必要なぞ――――」

「そこまで気にしてませんわよぉぉぉぉっ!」

 海人の寝言が終わる前に、シリルの拳が彼に突き刺さった。

 それと同時に、凄まじい雄叫びによってルミナス達も跳ね起きる。
 どうやら直前に抑え込んだ嫉妬心の分も上乗せされたシリルの怒声は、恰好の目覚ましになったようだ。

 ――――唯一、拳を腹に叩き込まれた海人を除いては。

コメント
サイズ
胸の大きさ、刹那はどの辺りにランキングするのでしょう?メインキャラで抜けていて気になったんで……。後、ルミナスは双子でサイズに違いはあるんでしょうかwww
[2013/04/08 05:27] URL | 戸次 #Wjzbkqqg [ 編集 ]


まさか答えていただけるとは感謝です。あと刹那嬢はルミナスの下ぐらいかな?と勝手ながら予想。
ただ、シェリス(泣)
[2013/04/09 10:26] URL | ラングドシャ #IO3e0EY. [ 編集 ]

更新お疲れ様です
枕ですが、刹那は右腕、ルミナスは胸、雫は……前腕…だと?前腕…このままだとお兄さん危ない妄想しちゃいますよ?しちゃいますよ??
胸の大きさは大方予想通りですが、シャロンって意外と大きいのですね。…シェリス憐れ
[2013/04/09 11:58] URL | 名無しの権兵衛 #y2a4lNMg [ 編集 ]


寝言第一声でこの落ちは正確に読めたw
[2013/04/10 10:01] URL | h #- [ 編集 ]

カキコはお久しぶり
>既に何度目だか覚えていないが、四人で宴会をやった。
>創造魔法によって作られた極上の酒に、何が一番合うか四人で色々試したのだ。
「四人で」とありますが、その場で寝ていたのは海人、刹那、雫、シリル、ルミナスの五人なので間違っているのではないでしょうか?

胸の大きさランキングに噴いたww
ローラやルミナスも十分に標準以上の胸だと思ってたので、それ以上にでかい上位三人はどれだけなのかと戦慄しましたww
一人抜けてる刹那は個人的な想像としてルミナスと同等だと思ってます。
[2013/04/10 18:38] URL | なまけもの #eODBluyE [ 編集 ]


あーうん。幾らなんでもフォローの仕様も無いわ。
ただでさえルミナスが抱きついてるのを見て怒りを抑えているのに、自分でスイッチ押しちゃー駄目だろ。
[2013/04/10 22:05] URL | 飛べないブタ #t50BOgd. [ 編集 ]


投稿2回目です。
胸の質問がオーケーならこれも大丈夫かと思いまして
メインキャラ達のスリーサ……は聞いたら次元を超えて弓を撃たれそうなのでやめておいて
身長順は聞いても大丈夫ですか?
あと私のオーガスト老の外見イメージがMHP2ndGの山菜じいさん
[2013/04/11 03:51] URL | ラングドシャ #IO3e0EY. [ 編集 ]


>あと私のオーガスト老の外見イメージがMHP2ndGの山菜じいさん
あれ、俺がいる

ついでに海人のイメージは某鳳凰院氏で、刹那は某吸血忍者
[2013/04/13 00:15] URL | #dAVv1IVU [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nemuiyon.blog72.fc2.com/tb.php/297-d78827f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード