ラノベを目指してみよう
グース・カピーこと九重十造が人様を楽しませられるレベルの文章を目指して色々書き連ねる場所です。          軽く楽しく読める話を書ければいいなと思ってます。
没ネタ披露2回目。
毎度おなじみ更新無しでございます。

久しぶりにネタが色々浮かんできたから、いけるかと思ったんですけどねぇ……浮かびすぎて絞れませんでした(汗)
しかも今日の更新目指してたものだから、没ネタのまとめができず、結果今回は第二部冒頭候補その2です。
正式版の元になった物の一つになります。前回と同じく『続きを読む』で開きますので、気が向きましたら御覧ください。

では、ここらで恒例のコメント返しを。

ズーさん

ローラはツンデレじゃないですねえ……彼女がデレている姿は作者にも想像できないです(汗)

あさりさん

いえいえ、前から考えてはいたので、切っ掛けをもらってこちらとしてはありがとうございますなんですよ。
シリアスはちょっと出し辛いんですよね……作者の暴走がグロに向かっているケースも多いので(汗)

KUREさん

実は表情一回崩してるんですが、誰にも見られてませんからね(汗)

ぞらさん

前話で書いたんですが、今回はゲイツの仕事のオマケなので肉の仕入れ値0です。
輸送費に関しても依頼された部分と一緒に持ち帰ってるので0。
必要経費は塩と屋台の出店の経費ですが、両方合わせて総売上の一割にも届きません。
明確に記述はしていませんが、売り上げの額が尋常では無いので。
なので結果としては、海人が言ってる通り、ほぼそのまま利益なのです。 

クマさん

それは後のお楽しみということで(笑)

さん

面白いと言っていただけるのは非常に励みになります。
ありがとうございます。

1000円さん

ローラの事が気に入っていただけたようで何よりです。
ぼったくられたゲイツのことですが、ひたすらに相手が悪かったのです。
商会に売り払った方が確実に利益になりますが、そんな事を考える余裕を与えるほどあの三人は甘くないのです。
哀れなゲイツはこれをバネにきっと一回り成長するでしょう。

魚師さん

正解です。ゲイツは依頼金を受け取ってますので、必要経費を超える額さえ売り上げればあぶく銭になります。
海人達にぼったくられはしましたが、実はそれでもかなりのぼろ儲けです。

Gfessさん

すいません、毎度の如く更新無しです(汗)
まあ、海人の邪悪な笑顔はゲイツもさぞ怖かったでしょうね。
美形とはいえ、悪人系の顔で修羅場経験が多いせいで迫力もありますから(汗)


えー、毎度の如く週一更新は遠いですが、二週一は何とか守りたいと思っています。
いつ完全完結するのか作者も分かりませんが、クオリティを落とすことだけは避けようと思っています。
なので時間はかかると思いますが、完結まで気長に読み続けていただけるとありがたいです。

では、今回も数多くの方のご来訪ありがとうございました。

気分の向いた方は『続きを読む』で没ネタをお楽しみください。

 稀代の万能天才科学者。人類の文明を百年分以上発展させた男。エデンの林檎を食い尽くした者。
 これらはとある科学主体の世界において、10代で多数の歴史に残る研究成果を残したある男の呼ばれ方の一部である。
 
 彼の研究内容は節操がなく、ある時は作物の味を保ったまま倍の収穫量が期待できる品種改良を行い、
ある時は当時不治と呼ばれていた病の特効薬を開発し、またある時は二足歩行ロボットにプロ並の格闘技をさせられるような姿勢制御プログラムを作っていた。
 
 彼の研究に関する才能はその能力はおろか範囲にすらに限界は見当たらず、良くも悪くも世界を発展させた。
 
 そして今。
 
 研究に関しては紛れもなく空前にして絶後の才能を持つ男、天地海人は、

「やれやれ、ようやく修理が終わったな」
 
 いかなる運命の悪戯か、唐突に放り出された電卓すら無い魔法主体の世界で、汗を拭いながら茶を啜っていた。

 汗だくになって薄汚れた顔、腕まくりされたシャツ、足元に転がっている大工道具と材木。
 どれ一つとっても科学者らしくは見えない。
 せめて白衣を着ていれば少しは違うのだろうが、今は作業の邪魔であったため脱いでいた。
  
「お疲れ様。ご飯はまだだけど、これでも摘んどく?」

 海人に労いの言葉をかけつつ、美しい漆黒の翼を持つ女性――ルミナスがクッキーが入った籠を差し出した。  
 礼を言いつつ、海人は菓子を一つ口に運び、少しお茶を飲む。 

「うむ、美味いな。この紅茶との相性が非常に良い」

「ありがと。でも、なんでこんな早く修理したの? まだ肋骨も左腕も治りきってないでしょ?」

「肉体強化のおかげでどちらもかなり良くなっている。鎮痛剤のおかげで痛みもほとんど無いしな。
問題が無いなら体を適度に動かしておいた方が健康のためには良いんだよ」

「ただいま戻りましたわ。あらカイトさん、もう修理終わったんですの?」 
 
 飛翔魔法を解除しつつ、外見美少女な傭兵シリル・メルティが降り立った。
 両手には肉類や魚類など多数の食材が詰まった袋がぶら下げられている。

「どうにかな。後は屋根の塗装が乾くのを待つだけだ。
幸い何のかんのでこの家は古いわりには痛みが少なかったからな。それほど重労働ではない」

「そうでしたの? ま、いずれにせよお姉さまのお家の修理完了祝いですわ。
今日は御馳走を作りますわよ」










「平和ね~……ついこの間のカナールでの戦いが夢だったような気がするわ」

「そうですわね~、こんな平和な日がずっと続いてほしいものですわ~」

 食事を終え、思いっきりだらけ切った傭兵二人が、そんな事を話している。
 だらしないと言えばそれまでだが、この二人の緩みきった顔はなんとも和むものがある。
 
 海人はそれを微笑ましげに眺めながら、昼食の片づけを行っている。
 白衣の袖を捲くり、手洗いに慣れていないとは思えない手際で次々に食器を綺麗にしていく。
 程なくして食器を洗い終え、水を拭き取って食器棚に戻し、海人は二人の元へと戻った。

「ご苦労様~……あ~、日光が気持ちいいわ」

「なんとも幸せそうだが、今日は一日ゆっくりしているつもりなのか?」

「ん? どっか行きたいの?」

「ああ。都合が合うならシェリス嬢の所の図書室に行きたかったんだが……」

 海人は困ったように頬をかいた。
 今彼がいる家は断崖絶壁の岩山の頂上である。

 彼は創造魔法という幾つか制約はあるものの、一度見た物を作りだせるという便利な魔法が使えるが、
その代わりに飛翔魔法を始めとした、この世界で一般的に使われている魔法が使えない。

 それに諸般の事情も加わって、海人がこの家から移動するためにはルミナス達に運んでもらうしかないのである。 

「よっし、分かったわ。そんじゃ今から行きましょ。
このまま日向ぼっこしてると寝ちゃいそうだし。シリルはどうする?」

「お姉さまが行くのであれば私が行かない理由はありませんわね。
というか、カイトさんがお姉さまに優しく抱きしめられながら空の旅など、そんな羨ましい事は断じて許せませんわ」

 シリルは瞳の奥に燃え盛る業火を宿し、海人を睨みつけた。
 ルミナスに同性愛的愛情を抱いている身としては、二人っきりで密着しながらの空の旅は看過できないらしい。

「毎度の事だが出来心で地面に落とさんでくれよ……?」

 そんな相手に命を預けなければならない海人としては、不安は拭いきれなかった。 
コメント

高所からの飛行なら、グライダーとか使わないんですか?降りるだけならパラシュートとか使っても…。ロープとか大きな桶とか使って、簡易エレベーターを作ったりとか。井戸で水をくむような仕組みのやつ。天才科学者なら作れると思います
[2010/01/19 02:13] URL | ファイル #SOooYFwo [ 編集 ]

わざとじゃね?
それと長距離は無理なんじゃ、周りは森が広がってるっぽいし。
歩いたら何時間かかるかわからない。
[2010/01/19 12:31] URL | k-Ⅲ #J8TxtOA. [ 編集 ]

それは・・・
初期頃の話で、防犯のためみたいなこと言ってなかった?
[2010/01/21 05:45] URL | zendaman #hBRA6jDE [ 編集 ]

売上金?
塩漬け肉を作った職人さんに対価を払ってないと言うのが問題なんですけどね
職人さんのお肉の仕入れ価格は関係ないところでしょうが、肉の仕入れ価格がゼロで
ある事を知った上で職人さんの正当な対価である肉の仕入れ価格までも、屋台の売り
上げで有るかのように錯覚させ毟り取って行く所が「詐欺」という所で……

と、言いたい所ですし実際問題としてはそうなのでしょうが

私、今回のようなニュアンスの話は何度か聞いた事がありますわ
MNOTRPGでアイテム作成を時々する程度のにわか職人さんがこんな感じの思考です
作成系やりこんでると利益しっかり計算するんですけどね~

この場合、ゲイルは自分が食いたい(作りたい)だけで作って、食い飽きた分は売れて
儲かれば良いな位のつもりで店を開いたって所ですかね。冒険者らしいちゃぁ、冒険者
らしいですね
[2010/01/22 21:43] URL | ぞら #7xIPwYi. [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nemuiyon.blog72.fc2.com/tb.php/49-4537d4fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

九重十造

Author:九重十造
FC2ブログへようこそ!



最新記事



カテゴリ



月別アーカイブ



最新コメント



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード